(C)UNICEF/UNI181989/Rich

モロゾフはユニセフを応援しています

世界の子どもたちへ贈る「愛」

21世紀の今でも、開発途上国では、1日に16,000人以上、年間で590万人の5歳になる前の命が失われています。さらに、約1億6,800万人の子どもが労働を強いられています。ユニセフは、1946年の設立以来、こうした厳しい状況下におかれた世界の子どもたちを支援する活動を行っています。モロゾフはユニセフに賛同し、1993年から現在に至るまでバレンタインデーの収益の一部を(公財)日本ユニセフ協会を通じてユニセフに寄付しつづけています。地球上の子どもたちへの愛が永遠であるようにと、変わらない願いをこめて。

ユニセフの主な活動

保健・栄養

予防接種やビタミンAの補給など基礎保健サービスを広めるほか、保健や栄養の知識を広め、栄養不良を防ぐ取り組みを行っています。

教育

子どもたちが少なくとも小学校に通えるように、学校を作ったり、教材を届けたり、教員を養成したりしています。

水と衛生

安全な飲み水を広め、衛生環境を改善するために、井戸やトイレをつくったり、衛生の知識を広めたりしています。

緊急支援

紛争や自然災害の被害を受けた人々に物資や医療ケアを届け、子どもたちの心のケアや教育の復興に力を入れています。

女性への支援

子どもの健康や成長に重要な役割を担う女性が差別から守られ、必要な知識などが得られるように支援しています。

子どもの保護

紛争や貧困によって暴力や虐待、搾取などにさらされている子どもたちを守り、安全な環境で育むための環境作りを支援しています。

ユニセフ募金は郵便局から

日本ユニセフ協会への寄付金には、特定公益増進法人への寄付として、税制上の優遇措置があります。

公益財団法人日本ユニセフ協会(ユニセフ日本委員会)

  • 0120-88-1052 (平日9時〜18時)
  • www.unicef.or.jp

ユニセフの活動について詳しくは、日本ユニセフ協会のホームページをご覧ください。

携帯・スマホはコチラから

OTHER LINEUP

OTHER MENU

RECOMMEND

SNS